優秀卒業論文


2010年度

1位

「ドイツ映画が求める『人間ヒトラー』」

2位

「絵と文章で伝えるメッセージの作り方~絵本「ひとりになりたかったクロネコ」の制作を通して~」

3位

「国際理解教育としてみる日本の小学校における外国語活動」

2011年度

最優秀論文賞

「フードバンクが切り拓く未来~飢餓と飽食の矛盾を解決するために~」

優秀論文賞

「トヨタ・リコール問題から見る日米の報道と訴訟文化」

最優秀外国語論文

「Fetishism of Happiness : The Role of GNH in Bhutan」

2012年度

最優秀論文賞

「日本におけるイスラーム系移民問題の予測-ドイツの事例に基づいて」

優秀論文賞

「日本の山の神信仰に関する研究-大山祗神社を中心に-」

最優秀外国語論文

「Critical Issues and Challenges Faced by English Immersion Programs in Japan: Two Case Studies」

2013年度

最優秀卒業論文賞

「近代グローバル化の時代における国家の意味-誰が国家を必要としているのか」

最優秀卒業論文賞 第二席

「外国人による浦島太郎物語の再話」

最優秀外国語卒業論文賞

最優秀プレゼンテーション賞

「The Present Situation and Issues of English Education in Elementary Schools: Case Study of Uchima Elementary School in Okinawa」

優秀卒業論文賞

「日本人の英語発音教育を考える~カタカナの弊害と発音記号~」
「姉妹都市提携の意義とその可能性~姉妹都市提携は日豪関係をより深めることが可能か~」
「フェアトレード普及に関する課題と展望~東日本大震災の復興支援活動への応用可能性~」
「陶磁器の文様-柳模様から見る東西文化の交流」
「Selective and Active Watching of Anime as a Means of Studying Japanese Culture and Society」
「カナダの多文化主義とイスラーム」
「日韓比較:ドラマ『花より男子』VS.『花より男子~Boys over Flowers』―感情表現の描き方―」
「ラオスの貧困問題解決においてビジネスは有効な手段であるか」
「日本人のフォリナー・トークに中韓留学生の日本語レベルが及ぼす影響」
「Can Japanese youth change Japan into a multicultural country?」
「原発と地域変容~福島県敦賀市の場合~」
「青年期における恋愛と浮気に関する研究(韓国の大学生を対象に)」
「ボルネオ島におけるパーム油産業の発展と自然破壊~持続可能な開発へ向けた日本企業の積極性~」
「外国人観光客が持つ京都のイメージ」
「Woman as Organizer, Protester and Whistle Blower in Martin Ritt’s Norma Rae(1979)」
「報道にみる日韓関係の批判的言説分析」
「一休とんち話のおもしろさ-語用輪の分析-」
「「異文化ストレス」フランス人が日本に来た時に感じるカルチャーショック(卒業制作として短編映画を提出)」
「日本のいじめの現状~中国との比較から考える~」
「映画とドラマの本質」


在学生の方へ